豊前小倉織研究会さまへ

今日も小倉織を江戸時代から伝わる方法で、手織りで伝えられている、豊前小倉織研究会さんへ行ってまいりました(^-^)
工房に一歩足を踏み入れると、ふわっと草木染めのなんとも落ち着く、私が大好きな香りに出迎えられます。
豊前小倉織研究会さんは、綿を紡いでふるさとの草木や実で染めた糸を手織りで織られています。ほんとに気の遠くなるような時間がかかる、心のこもった作業です。
二階にあがると、数台の機織り機が並んでおり、織り手さんがカタカタカタと織られています。
今日はそんな心のこもった手織りの小倉織を
何種類かいただいてきました(*⁰▿⁰*)
写真より、実際に手で触れて感じてほしい。
そう強く思うような織物達‥‥
これからこの織物をつかってどのようなアクセサリーを作ろうかウキウキドキドキしています。
織り手の方の想いを引き継ぎ形にしたい。それは縞コロンの願いでもあります

0コメント

  • 1000 / 1000