福岡県北九州に伝わる伝統織物【小倉織】のアクセサリー

初めまして。「縞コロン」です。

小倉織をつかったアクセサリーを制作・販売しております。

小倉織とは...福岡県北九州市に江戸時代から伝わる伝統織物です。丈夫で美しい縦縞を活かした木綿の布は徳川家康が

羽織として愛用してたとも言われております。二本の糸をより合わせた双糸織の為、とても丈夫な小倉織となります。

伝統織物をアクセサリーに仕上げることで より身近に 気楽に感じてほしいとの想いで一つづつ心をこめてお作りしています

□2017 福岡デザインアワード入賞いたしました

■実用新案取得

□e-port みらいのビジネスプランコンテストで【オーディエンス賞】をいただきました



縞コロンは 北九州市環境首都検定 http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kankyo を応援しています

北九州業者登録番号 57245号 




This is “ShimaColon,” which we make and sell, with accessories.

We use “Kokura Ori,“ which is a woven fabric that has been handed down from the Edo period in Kitakyushu, Fukuoka.

It is created with strong, beautiful vertical stripes of cotton cloth.

Legend has it that Yeyasu Tokugawa, the first SHOGUN of the Tokugawa shogunate,

liked it very much and wore it as “Haori” -- a Japanese coat worn over a “Kimono”.

“Kokura Ori” is a very strong fabric because it is woven by twisting two yarns together.

We hope you, our customers, can actually feel the traditional woven fabric called “Kokura Ori” via our accessories.

We do our very best to produce the accessories, one at a time, with the labor of our hearts.”

                                                      Copyright©2017~2018shimacolon All Rights Reserved

NHKのイッピンに紹介されました